menu
プレスリリース
2021年8月23日

静岡中央銀行と「エメラダ・マーケットプレイス」に関する協業を開始

オンライン金融プラットフォームを運営するエメラダ株式会社(本社:東京都港区、以下「当社」)は、静岡中央銀行(本店:静岡県沼津市、以下 静岡中央銀行))と当社が提供する金融機関のDX(デジタルトランスフォーメーション)をワンストップでサポートするプラットフォーム「エメラダ・マーケットプレイス」に関する、協業を開始いたしました。

■本協業の内容について

今回、当社と静岡中央銀行は、企業の主に口座入出金履歴・残高情報、各種財務情報等を基にしたAI与信分析ツールである「予測アナリティクス」(PA:Predictive Analytics)についての精度・効果検証を共同で行います。同検証結果を踏まえて、デジタルトランスフォーメーションの分野における更なる協業の可能性について協議を行ってまいります。

PAは、当社が「エメラダ・マーケットプレイス」の一部として金融機関等に提供するアナリティクス機能であり、リアルタイムかつ粉飾が不可能なトランザクション情報に基づく信用リスク分析が提供されることで、金融機関は追加的な融資機会の発見、融資審査業務の効率化、与信管理の精緻化を実現することが可能になります。

※当社が受領する口座入出金情報等は、個別の顧客名等が匿名化処理されており特定できない状態となっております。


■「エメラダ・マーケットプレイス」について

URL:https://emerada-marketplace.com/

当社が主に全国の金融機関に対して提供する「エメラダ・マーケットプレイス」は、「予測アナリティクス」、「資金繰り管理ツール」等の主要機能から構成される、主に全国の地域金融機関のDX(デジタルトランスフォーメーション)をワンストップでサポートするプラットフォームです。

「予測アナリティクス」は、機械学習を活用した口座情報や財務情報に基づく与信リスクのリアルタイム分析や自動審査ロジックを提供します。導入金融機関は、取引先企業の与信管理、営業推進等の様々な用途に活用することができます。

「資金繰り管理ツール」は、金融機関に複数の口座を保有する中小企業や小規模事業主の経営者様や経理担当者様にとって、いつでもどこでも日々のお金の動きを一元管理できる「オンライン財務サポーター」であり、金融機関と中小企業の非対面コミュニケーションツールです。金融機関と情報共有の連携を行うことができ、融資申込に関する各種手続きを簡単に行うこともできます。


■企業情報

企業名 : 株式会社静岡中央銀行
本店所在地 : 静岡県沼津市大手町4丁目76番地
代表者 : 清野 眞司
設立 : 大正15年11月12日
URL : https://www.shizuokachuo-bank.co.jp/

企業名 : エメラダ株式会社
本社所在地 : 東京都港区南青山2丁目2番8号 DFビル1011
代表者 :代表取締役 猪野慎太郎
設立 : 2016年6月
URL : https://www.emerada.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ
エメラダ株式会社広報:前川
Mail : media@emeradaco.com
電話 : 03-6256-8266


プレスリリース一覧